CONCEPT

生まれては朽ちてゆく花々。
時間の流れとともに変化し、違った表情を魅せる。
その一瞬の輝きの中に宿る美しいたくましさ。
歴史と現在が融合した時に生まれる新たな違和感。
想いから生まれるぬくもりに触れて感じる胸の高鳴り。
全てが調和し、交差する時
身に纏う豊かさが人々を優しく包み込む。

DESIGNER PROFILE

関根 隆文 / Takafumi Sekine

1982年 茨城県出身。東京モード学園卒。
2012年 meagratia をスタート。
2018年よりニューヨーク、パリにて展示会開催。
2019 S/SよりFashion Week TOKYO 参加。
2019年 TOKYO新人デザイナーファッション大賞受賞。

『歴史と現在の感覚の融合』をコンセプトに掲げるメンズ&ユニセックスブランド。
時代とともに移り変わってゆく文化や環境、人々に花の姿を重ねた世界観を表現。
花の変化し続ける様にインスピレーションを受けたコレクションを展開している。

From Ibaraki prefecture in 1982.Be a graduate of Tokyo MODE GAKUEN College of Fashion & Design.
2012 meagratia founded.
Held exhibitions in New York and Paris from 2018.
Participated in Fashion Week TOKYO from 2019 S/S.
2019 Winner of the Tokyo New Designer Fashion Grand Prix.

A men's & unisex brand with the concept of “ fusion of history and present sense ”.
It expresses the view of the world in which the life of the flower is superimposed on the culture, environment, and people's figure that changes with the times.